株式会社設立代行・会社設立

会社設立専門どっとこむ 大阪で会社設立なら安心迅速対応の岡田司法書士事務所へご依頼下さい
相談する・見積する 会社設立を申込む 大至急設立する ご利用代金 会社設立の流れ 運営事務所案内

HOME>新会社法に関するQ&A一覧>会社設立の際、類似商号の調査をする必要はないのですか?

Q3 会社設立の際、類似商号の調査をする必要はないのですか?
新会社法では、類似商号の規制が廃止されましたので、商号の本店の所在地が同一でない限り、登記することが可能になりました。

ただし、類似商号規制が廃止されるとはいえ、会社法8条により不正の目的をもって他の会社と誤認させる商号の使用が禁止されていたり、不正競争防止法の影響は受けるため、無用な争いを避けるため依然として商号調査をすることが望ましいです。

また、旧商法下では、類似商号の判断において「同一目的」であるかどうかが判断根拠となるために、目的の記載も厳格に行われていましたが、上記のとおり、類似商号の規制が撤廃されるため、目的の記載の仕方についても緩和されました。

株式会社設立代行・会社設立に関してご不明な点がございましたらいつでもお気軽にご質問下さい。

無料相談お見積受付中
お電話で今すぐご相談・お見積の方は 072-999−3611平日9時半〜18時
メールフォームでご相談・お見積の方は 専用メールフォームへ
メールフォームが作動しない方は mai;@sihousyosi.net迄直接メール下さい


岡田司法書士事務所
581-0869 大阪府八尾市桜ヶ丘一丁目88番地ベルドミール桜ヶ丘5階
Tel:072-999-3611/Fax:072-999-2677/e-mail:mail@sihousyosi.net
Copyright Shinsuke Okada All Rights Reserved