会社設立専門どっとこむ 大阪で会社設立なら安心迅速対応の岡田司法書士事務所へご依頼下さい
相談する・見積する 会社設立を申込む 大至急設立する ご利用代金 会社設立の流れ 運営事務所案内

HOME>新会社法に関するQ&A一覧>確認会社を設立したのですが、会社法が施行されても増資しなければならないのですか?

Q8 確認会社を設立したのですが、会社法が施行されても、増資しなければならないのですか?
新会社法では、最低資本金規制が廃止され、確認会社(中小企業挑戦支援法、新事業創出促進法、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律)のような特例制度によらなくても資本金1円からの会社設立ができるようになります。従って、会社法の施行と同時に「最低資本金制度」は廃止されることになりました。
 
これに伴い、特例を利用した確認会社については、会社法の施行後 、定款に記載されている「解散事由」を廃止する定款変更をし、解散事由の定めの廃止の登記申請を行うことにより、最低資本金に増資をしなくても会社を存続できるようになります。

※定款及び登記に「解散事由」が記載されたままだと設立から5年を経過した時点で解散となりますのでご注意下さい)

会社設立に関してご不明な点がございましたらいつでもお気軽にご質問下さい。

無料相談お見積受付中
お電話で今すぐご相談・お見積の方は 072-999−3611平日9時半〜18時
メールフォームでご相談・お見積の方は 専用メールフォームへ
メールフォームが作動しない方は mai;@sihousyosi.net迄直接メール下さい


岡田司法書士事務所
581-0869 大阪府八尾市桜ヶ丘一丁目88番地ベルドミール桜ヶ丘5階
Tel:072-999-3611/Fax:072-999-2677/e-mail:mail@sihousyosi.net
Copyright Shinsuke Okada All Rights Reserved